箕面市医師会 HOMEページに戻る
季節のトピックス いろいろな電話番号 リンク集 FAQ

箕面市医師会のご案内 医療機関のご案内 保健業務のお知らせ かかりつけ医推進事業のご案内 在宅医療推進事業のご案内


季節のトピックス 季節のトピックス

花粉症に負けない 〜予防と対策〜
春を迎えて心弾む時期ですが花粉症の方にとっては何ともいやな季節ですね。花粉症とは、花粉によって起こるアレルギー性疾患(免疫異常)です。主に鼻や眼、時にのどにも症状を起こします。のどの痛みや咳 を起こして風邪とも間違えられることもあります。
原因となる花粉は日本ではスギが最も多いのですが、ヒノキなどの樹木、イネ科やキク科の雑草のものも増加する傾向にあります。
箕面など北摂地域はイネ科の雑草が他の地域に比べて多い印象です。
スギ花粉は2月から4月まで飛散しますが南では早く北は遅れるため地域によって若干の違いがあります。
大阪では3月に飛散のピークを迎えます。スギ花粉の量は前年の気象と関係があり、夏が暑く日照時間が長いと 翌年の花粉は多くなります。スギ花粉に限って言えば今年は平年並みとする予想が多いようです。
昨年はヒノキ 花粉が4月に史上最高ともいえる大量飛散を起こしてひどい症状を引き起こしましたが、ヒノキの花粉の飛散予想法は まだ確立されたものがなく今年の予想ははっきりしません。
花粉症の予防と対策については
.
まず花粉を避けることです。







不必要な外出はひかえる
花粉のつきにくいスベスベした素材の上着、
帽子などをつけて外出し帰宅時には玄関の外でよくはたく
花粉を通さないマスクをつける
うがいや洗顔の励行
窓を開け放しにしない
ふとんや洗濯物は外に干さない
などに気をつけましょう。








2.
それでも症状が出た場合は、内服、点眼、点鼻などの薬剤治療となります。

それぞれの薬には効き始めるまでの期間、強さ、眠気の強さ、効き方の性質(鼻水を抑えるのが得意か鼻詰まりを抑えるのが得意かなど) について違いがありますので、ご自分の希望される効果を副作用少なく得られるためには医師とよく相談されることです。
花粉症の症状は、火事と似ていて、ボヤの頃はバケツ一杯の水で消えてしまうものでも、燃え上ってしまうと消防車を呼んでもなかなか 消えなくなってしまうようなものです。初めは大したことがないと思って我慢していると、どんどんひどくなってきて普通の治療ではなかなか 改善されないくらいの重症になってしまう事がよくあります。
このことから最近では花粉が本格的に飛んでくる1〜2週間前(大阪では2月初め)から予防的な薬剤治療で症状を軽くすることが多く行われるようになりました。
その他、レーザーや高周波電流、手術などにより花粉症の症状を軽減することも行われています。これについては効果の持続期間や入院の有無、 治療時の苦痛などに違いがあるため医師に良くご相談されることをおすすめします。
また新聞などで花粉が飛び始めたと言われてないのに何か症状があると言われる方も多いようです。それについては下記をご参考にして下さい。

花粉「初観測日」と「飛散開始日」との違い
初観測日 :1月1日から観測を始めて、花粉が1個でも観測された日。
:1月初旬になることが多い。
:敏感な方は症状が出始める。
-------------------------------------------------------------------------------
飛散開始日 :1平方センチメートル当たり1個以上の花粉が2日以上連続して観察された初めの日。
:2月中旬になることが多い。
:新聞やTVなどで報道されるのはこちらの方
:花粉症患者さんの半数以上の方は飛散開始日までに何らかの症状が現れる。
3.
気を付けていただきたいこと


市販の点鼻薬の副作用について

市販の点鼻薬はほとんどが血管収縮剤です。この種の薬剤は連用すると効果が落ちてくるばかりか、かえって鼻詰まりを悪化させる副作用が出てくることが あります。病院へ行くのが大変という方で市販点鼻薬を愛用してそのような状態に陥っているケースをよく見ますのでご注意下さい。


注射で花粉症を一発で治す方法について

時々このような治療法を希望される患者さんがおられます。アレルギーは免疫の行き過ぎで起こりますので、一発で症状を取ろうとすると、強力な免疫抑制剤 (ステロイドの大量投与など)を使用すればそのような効果がでる可能性があります。しかしながらあらゆる免疫を抑制してしまいますので、各種感染症(インフルエンザなど) に罹患した場合は生命の危険を招く事があります。またステロイドの副作用として生理異常などを起こす可能性もあります。したがって学会ではこのような方法は禁止されております。 同じ理由で長期に渡って内服のステロイドを続けるのも危険といえます。(ただし点鼻ステロイドは内服と違い危険が極めて少ない)
トピックス
最近、「免疫」、「内分泌」および「精神」は科学伝達物質を通じて密接に関連しあっていることがわかってきました。例えばストレスが多いとアレルギー 疾患が悪化することが知られています。現実に睡眠不足や精神的なストレスは花粉症の症状を悪化させます。そこで花粉症対策には疲れやストレスを貯めないことも大切になってきます。
このことは逆に考えれば、「精神」や「内分泌」など精神と身体との全体にわたって調節作用のある漢方などの治療がこれから注目されてくる可能性を示しています。また常に前向きの姿勢で ストレスを克服しつつ全てを楽しみきっていける強力な精神コントロールの出来る方もアレルギーから離脱できる可能性があることも示唆しています。
アレルギーとはその人の生命の傾向性の問題といえます。しかしそのような生命の奥深くの傾向性も「心」の力により解決できる可能性が最先端の医学によって証明されつつあることは感慨深いものがあります。
さあ、花粉症のうっとうしさを吹き飛ばすようなおおらかな積極人生で春の訪れを満喫しつつ「ストレス社会」を悠々と生きていこうではありませんか。
<戻る>

Copyright 2003 MINOH CITY Medical Association . All rights reserved.